忍者ブログ
 
キャトルでSRVであり、さらにスキッパーで、ごくたまにソレックスなブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空調の噴出し口から、走行風が入ってきてさむさむなので、
噴出し口の中をのぞいてみたら、フラップの先端のスポンジらしきものが崩壊してまして、
走行風がせき止められない状態に。
内規循環のスイッチも反応がないようなので、ここいら辺をぼちぼちと見ていこうと思います。

というものの、とりあえずさむさむ風を止める手段を考えようということで、
ex04.jpg
ビニール袋でふたをしてみる(笑)
いや、ぜんぜん意味ないっす。しかもかっちょ悪い。(ダッシュボードには大好物のアメが転がってるし)

もうチョイ考えようということで、「プラ板でふたをする。」にしました。
基本的に「ふたをする。」というところからは離れない。ええ。簡単ですから。とりあえず。

ex05.jpg
そんで、プラ板をホームセンターで買ってきます。正確には発泡エンビと言うやつですね。
やわらかいので加工性が良い上に曲げに強い。すばらしい。

ex06.jpg
いや、材料がすばらしくても、作り手が基本的にグータラですから、たいしたものは出来ない
のですが、そこらへんはゆるめにご覧あれ。
と言ってる間に適当に寸法を採ってカッターでさくさくと切り出しました。
そんで曲げる訳ですが、専用のヒーターを持ち合わせていませんので、
ストーブの噴出し口にあててホカホカにしたところでアルミ定規を当てながらおりゃっと曲げます。
当然、手も加熱されてあじじじじになりますんで、こういうヘンテコ作業は良い子のみんなは
まねしちゃだめだよ。

ex08.jpg
そんで、やっぱり白いまんまじゃナニなんで、塗装をしてみるわけです。
ここでタミヤのラッカースプレー(ジャーマングレー)が登場。
冬で風が強い上に、夜で真っ暗という、どう考えても塗装には向いていない状況ですが(゚ε゚)キニシナイ。
塗ってみると、なかなか純正っぽい色合いがでていいじゃない(噴出し口に蓋をする
部品自体が純正っぽくないが)。

なにを思ったか、そこにソレックスのロゴを切り出したカッティングシートを貼ってみる。
なんでソレックスかと聞かれると困るけど、そこにあったからだ。

裏には、エーモン方面の衝撃吸収用のスポンジシートを貼って隙間風防止の素敵仕様に。

ex09.jpg
そんで、ずばばんと装着。(画像をクリックすると画像が大きくなります。)
装着は隙間に爪を差し込むだけ。
なんともいえない感じ。でもとりあえずの目標である走行風を塞ぐことは出来ました。

いずれ噴出し口のフラップを直してみようと思うので、この蓋はそれまでの命ですが、
なんとなく気に入ってる自分がいるので、直さないで蓋でがんばるかもしれぬ。
それもまた良し。

消灯!バタッ。zzz…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いいねえ
フタ、かっこいいじゃねいの。
そしてハンドルの向こうにビブが垣間見えてるw
Posted by あに@ちうごく 2007.02.05 Mon 01:30 編集
ふふふ
ビブよく見つけたな。
おすまし顔でサイドの噴出し口に座ってるのよ。
Posted by ototo 2007.02.05 Mon 09:09 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[04/14 ototo]
[04/14 Jimi]
[02/02 ototo]
[02/02 Piyolli ]
[10/23 ototo]
アーカイブ
プロフィール
HN:
ototo
性別:
男性
自己紹介:
主にルノーキャトルとスズキジムニーについてモニョモニョ語っています。2台合わせて72馬力ですが、何か?

かなり怪しげな作業をしてたりしますので、参考にされるという奇特な方は自己責任でお願いします。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]