忍者ブログ
 
キャトルでSRVであり、さらにスキッパーで、ごくたまにソレックスなブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

というわけで今回も写真多めでお送りします。

etc161.jpg
路面電車。
街の中心部は共通の切符でいろいろな乗り物に乗れる。

etc191.jpg
路線によって微妙に車両が違って面白い。

etc192.jpg
運行本数も多いので便利。

etc198.jpg
ウインカーが付いているのがステキ。
車を蹴散らしながら走る。



ブダ側の路面電車。下り坂なのでなんだかやたらと速い。まあ平地でも充分速いけどね。

etc195.jpg
これは地下鉄の駅。路線によって雰囲気が違うが、これは昔からある路線かな?
駅の見た目はほとんど同じなので、なれないとどの駅に着いたんだかさっぱり判らない。
駅名が難しくて覚えられないのよ。

etc196.jpg
ずばばーんと入線。メリハリのある運転で非常に頼もしい。

etc197.jpg
こっちは非常に今風。

etc222.jpg
ケーブルカーもあるでよ。

etc221.jpg
眺めも大変よろしい。

00cd6c55.jpeg
こいつは登山列車。ギザギザレールに歯車をかませて登って行くので物凄いワイルドなサウンド&乗り心地。
面白い。


etc205.jpg

etc194.jpg

etc186.jpg

etc209.jpg

etc203.jpg

etc187.jpg

etc189.jpg

etc202.jpg
今回は時間もあったのでちゃんと観光してきた。
雰囲気が大変によろしい建物が多くて楽しめる。
etc193.jpg


etc199.jpg
中心部を離れるとなかなか趣き深い建物もちらほらと。
etc200.jpg
郊外列車の線路。

etc188.jpg

etc211.jpg
バスに揺られてえっちらおっちら行った蚤の市が、
平日だったためほとんどやってなかったYO!
etc212.jpg

etc213.jpg

etc214.jpg
んでもって、現地のお知り合いにいろいろ連れて行ってもらいました。

etc216.jpg
教会。

etc217.jpg
近づくと物凄い大きくてビビる。

etc218.jpg
人が小さく見える。

etc219.jpg
中の造りもすばらしいです。

etc207.jpg
古い町にも連れて行ってもらいました。
観光地なので日本人がワンサカいました。

etc204.jpg

etc206.jpg

etc215.jpg

etc208.jpg
ポストまで雰囲気いいんだよなぁ。



写真貼りすぎでなんだかアレなんで、
続きは次回ハンガリー編最終回で。



拍手[2回]

PR
忘れたころにブログ更新。
遅すぎだろコリャ。

というわけてハンガリーとオランダの2本立て。
今回の相変わらずの文章少なめ、写真多めでスマホで見てると「ゴルァ」となりそうな構成でお送りいたします。

etc157.jpg
ハンガリー/ブダペストへは直行便ではなくパリで乗り換え。
明け方にパリで下ろされる。お店はやってない時間帯なので、トイレ行ったりして時間をつぶす。

etc158.jpg
漸くパリを出発。飛行機から見える空港車両がもうステキ。

etc159.jpg
遠くにお山が見える。
ヨーロッパはもう少し近いといいんだけどねぇ。

etc185.jpg
んで、いきなりブダペスト到着。
街も綺麗だし。人がなんだか明るくていいね。
自転車が多めでステキ。

車中心に写真撮影。
etc163.jpg
トラバント。バンと3ボックスがあるのかな?これはバンタイプか。


etc165.jpg
こういうのいいよねぇ。町並みがまたいいよねぇ。

etc164.jpg
欲しい。

etc166.jpg
手書きのくまさん。

etc169.jpg
日本でも1回だけ走ってるのを見たことがある。
日本の交通事情に一番合うボルボはこれだと思う。

etc170.jpg

ふたたびトラバント。これもバンタイプ。
etc171.jpg
古い町並みにぴったりですな。

etc168.jpg
ただただ欲しい。

etc167.jpg
ぞっこんラヴ。

etc174.jpg
いい感じの使い込まれている感。そしてうんこ。

etc175.jpg
懐かしい405。

etc172.jpg
なんすかこれ。

etc180.jpg
エクスは意外と少なかったな。

etc179.jpg
お、おう。

etc176.jpg
F6いいね。初めて見た。

etc178.jpg
う、うん。

etc162.jpg
看板として使われているのかな。
鎖で電柱につながれている。

etc173.jpg
コーヒーを一服いただきました。

etc177.jpg
このまま走ったら離陸できそう。

etc201.jpg
で、でけぇ。

etc182.jpg
いい色。

etc181.jpg
街に馴染んでる。

etc184.jpg
スキッパーは残念ながら遭遇できなかったけど、
赤いSFERAが停まってた。するってぇと、右はもしや最初期のZIP!
かと思いきやホンダのDIO。
ちなみに50ccはナンバー登録が不要な模様。なにそれステキ。

etc183.jpg
ヘキサゴン。日本でももう少し流行ってもよかったと思う。


etc190.jpg
自転車までお洒落なんで、街をぶらぶらしてるだけで飽きない。

ながくなったんで続きは別エントリ。

拍手[4回]

久しぶりに引っ張り出したソレックス。
実はいつのだか判らないガソリンが入っているのです。
スピードは出ないし、ガソリンがヤバイにおいがする。
sol08.jpg
ガソリンも換えないといけないのだが、キャブもついでに掃除しとく。

sol09.jpg
一見単純で判りやすそうな構造だけどなんだかよくわからない作りのキャブ。
とりあえず穴とジェットにパークリ吹いて掃除。

sol10.jpg
所有している車両の中で一番綺麗に燃えてるんじゃないかと思われる。

明日はガソリンを換えるのだ。

拍手[2回]

めちゃくちゃ久しぶりのSolexの登場です。

こやつをレストアしたのが2003年の夏。ってなことでもう
うちに着てから10年になるのか。
10年で何キロ乗ったんだろ。

これを組んだときにハンドルがあまりにも錆だらけだったので、
再利用をあきらめて、自転車用のハンドルを代わりに装着してました。
sol07.jpg
2004年ごろの散歩写真から↑
車体だけで見るとそんなにハンドルに違和感はないのだが、
純正ハンドルよりも低く若干絞り気味なので、跨るとややハンドルが体に近くなる。

いつかは純正ハンドルに変えようと思ってはや10年。
とりあえず錆々の純正ハンドルをメッキ屋さんに再メッキ加工を依頼。
ツルツルのテカテカに仕上がったのでテンションあがって即交換。

sol01.jpg
交換前のお姿。2004年当時とくらべてもそんなに変化はない。
一応屋内保管なのでラッカー塗装のわりには塗装も問題はない。
ただクリアはさすがに黄変してきているので、僅かに黄色味がかった紺というなんとも味のあるボディー色になっている。

sol02.jpg
さて問題のハンドル。

sol03.jpg
いじるのが久々すぎて、分解方法をすっかり忘れてしまって困った。
やたらと作業に時間がかかる。

sol04.jpg
ハンドルをはずして比べる。上が旧の自転車用ハンドル。
下が純正ハンドル。
こうして並べると結構違う。

sol05.jpg
んでいきなり完成画像。(※写真は背景を整理して撮ろうぜ自分。)

すこしアップ気味になって所謂純正ハンドルですね。
アップになった分、ワイヤー類の長さが足りなくなるのですべて引きなおし。

sol06.jpg
完成写真。
ハンドルの角度は、ヘッドチューブ&フォークの角度よりも
やや立てるのが俺のジャスティス()

何はともあれ久々に乗ったソレックスがまた楽しい。



拍手[3回]

久しぶりにSRVで集まりに参加してきた。
オサレなカヘでコヒーを一服。
srv140.jpg
陽気もよく大変心地よいのだが、如何せん花粉がいけません。
はやいとこ花粉が下火にならんかな。

拍手[0回]

極めて地味、そんでもって音量が微妙にデカイ気がするのでご注意ください。








拍手[12回]

前回のつづき~

そんなわけでパリからフランクフルトへ電車で移動!


etc125.jpg
雪がっぱねぇっす。というか人工物のない景色が続くっていうのは日本に住んでるとあんまりないよな。

etc123.jpg
んで、4時間弱で到着。

etc126.jpg
寒さがやばい。
最高気温がマイナスだったりするので油断ならない。

etc127.jpg
ドイツもヴェスパが結構いますわな。

etc128.jpg
いい感じ。

etc130.jpg
ベンツですか。そうですか。…ほんとに?

etc131.jpg
バイク屋さんの看板ヴェスパ。
個人的に親近感のわくカラーですな。

etc133.jpg
実用で働いているのっていいすな。

etc153.jpg
自転車がステキ。
そこいら辺に転がっているような自転車がいい感じ。

etc129.jpg etc152.jpg
建物もいい感じ。

etc148.jpg
路面電車がかわいい。

etc146.jpg
直線基調。

etc145.jpg etc147.jpg
直線基調&€

etc141.jpg
それにしても寒くて、しかも太陽が全然出てこないっす。

etc140.jpg
橋。

etc143.jpg
橋に南京錠。

etc142.jpg
今昔。

etc149.jpg
人があまりいないな。寒いからか。

etc137.jpg
観光地に逃げる。

etc138.jpg
地下鉄の入口。

etc150.jpg
最近ミニチュア風写真がはやってますが、
これはミニチュアの写真です。
本物です。いや本物のミニチュアです。

etc151.jpg
んで、ミニチュアをミニチュア風に加工して、
ミニチュアのミニチュア風写真を作ってみたけど、
これといって面白くなかったので次の写真に進んでください。

etc132.jpg etc136.jpg
ホテルのそばの個人経営レストラン。よい雰囲気。


etc135.jpg
フランクフルト-グリースハイム駅。

etc134.jpg
やっぱり買うのが難しい券売機。
小額紙幣が使える。

etc139.jpg
駅の売店の味のあるイラスト入りPOP。
ま、お店自体はお休みみたいですが。

etc144.jpg
だから誰だよタオって。

etc154.jpg
全体的にかっちりしたデザインでスッキリしてて好きです。

etc156.jpg
ハウプトヴァッヘ駅
ちっちゃい「ッ」のあとに「ヘ」が来るっていうのが超むずい。


etc156a.jpg
フランクフルトのホテルも折角なので描いてみました。
寒い地方なので窓は2重ガラスで、壁の厚みが30センチぐらいある。
猛烈に暑くなる大きなヒーターが窓の下に配置されている。
ここは冷蔵庫があった。

etc155.jpg
というわけで無事に帰国。
久しぶりの海外で疲れたがまた行きたいっす。もう少し近いといいんだがな。

拍手[5回]

そんなわけでパリとフランクフルトにちょっくら行ってきやした。
も、もちろん仕事です(震え声

行きはフランクフルト経由でパリに入るルート。
パリから電車でフランクフルトに戻ってきてフランクフルトから帰国というかんじ。

とりあえずドイツまで飛行機でずばばっと11時間。遠いよ。
んでフランクフルトでちっこい飛行機に乗り換えてパリへ。

etc102.jpg
ルフトハンザでございます。ルフトハンザ!ルフトハンザ!
響きが好きです。(小並感)

etc103.jpg
ドイツはやっぱりいろいろかっちりしたデザインだった。

etc105.jpg
日本に比べるとやや急ぎ気味の非常口の人

etc106.jpg
ひゃっほう。
フランクフルトからパリへ。

etc107.jpg
パリ着………。
雪が降ってまんねん。

etc104.jpg
とりあえず飯を食うのだ。モヤシ最高。

etc109.jpg
雪が降ったりやんだり。

etc110.jpg
結構積もった日もあったり。こっちのひとは全然傘をささないのね。

etc108.jpg
蛍光灯が少ないと街の明かりがやさしい色合いでいいですね。

etc111.jpg
駅も蛍光灯まみれじゃなくて趣きがありますな。

etc113.jpg
街は相変わらず楽しげな車種がゴロゴロしてて、ただ歩き回っているだけで楽しい。

etc121.jpg
ヴェスパはほとんどがP系みたいですな。
スモールもちらほらいたような。

etc115.jpg
雪が降っていようが積もっていようがバイクに乗るのだ。

etc116.jpg
4枚ドアAX最高。

etc114.jpg
奥のベンツも気になるところ。

etc117.jpg
除雪はピアジオ方面の清掃車的な車でブラシでゴシゴシ。
日本の軽トラよりも小さいので歩道のポールの間を通って歩道に進入。
カフェの椅子とか看板とかをよけながらグオングオン進むのだ。

etc116a.jpg
スタバで名前を聞かれてカップに書かれる。誰だラオって。

etc118.jpg etc119.jpg
路地。

etc120.jpg
小銭を持ってないと切符が買えない地下鉄。

etc112.jpg
いい感じの電話。

etc122.jpg
駅のストーブ。
さて電車にのってフランクフルトに移動。

今回の旅行は妹尾河童さんの本をもっていってずっと読んでいたので、
折角なので真似をしてパリの住処を描いてみる。
etc122a.jpg
ホテル的には角部屋だが同じ建物に複数のホテルが入っているので
右隣は別のホテルの部屋らしい。
ヒーターがやや貧弱で寒い。

絵の便器がクソでかいとか色々おっしゃりたい事はおありでしょうが、
そこはぐっとこらえるのが大人というもんです(上から目線)



後半へつづく

拍手[4回]

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
[04/14 ototo]
[04/14 Jimi]
[02/02 ototo]
[02/02 Piyolli ]
[10/23 ototo]
アーカイブ
プロフィール
HN:
ototo
性別:
男性
自己紹介:
主にルノーキャトルとスズキジムニーについてモニョモニョ語っています。2台合わせて72馬力ですが、何か?

かなり怪しげな作業をしてたりしますので、参考にされるという奇特な方は自己責任でお願いします。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]